家に住みついてしまう、コウモリ撃退法

category01

夕暮れに虫を追いかけて部屋に飛び込んできたり、わずかなすき間からシャッターのすき間に入り込み巣を作ってしまうコウモリ。


害虫を食べてくれるコウモリには益獣の面もあり、鳥獣保護法で保護されているため、むやみに捕獲したり殺すことはできないのです。



しかし、巣を作られ住みつかれてしまうとコウモリの身体についたダニやノミ、糞には細菌も繁殖してしまいます。

知って大満足のNAVERまとめの特徴をご紹介するサイトです。

大量に住みつかれる前に、コウモリ撃退法で追い出してしまいましょう。
コウモリ撃退法で即効性があるのが、強烈なハッカ油の臭いがする専用の忌避スプレーです。


コウモリは嗅覚が優れているため刺激が強い臭いを嫌うのです。

そして臆病な動物なので、コウモリが潜んでいる場所に吹き付けるといっせいに飛び出してくるのです。



強い臭いや煙を嫌うコウモリには、くん煙タイプの小動物用の忌避剤や蚊取り線香も効果があるといわれています。床下にコウモリが住みついた場には、じわじわ広がる蚊取り線香が効果的です。


ほとんど目が見えないコウモリは、超音波を出すことで障害物を確認して飛び回ります。


そのため、超音波を発生する装置や強力な磁力を出す磁石で超音波が狂わされると自分の居場所が分からなくなってしまうのです。

コウモリを追い出し、寄りつかせないために効果があるとされているのです。

また住みつかせないコウモリ撃退法は、巣を作られそうなシャッターや雨戸を定期的に開閉することです。

コウモリに居心地のよい安全な場所と思わせないことが大切なのです。

詳しく知りたいなら

category02

屋根裏などに侵入した蝙蝠駆除を迅速に行うには、複数の方法を併用するのが効果的です。専門の駆除業者に依頼した場合にはまず追い出し作業が行われ、侵入口を封鎖して糞尿の清掃と消毒が行われます。...

subpage

生活のテクニック

category02

夕方になると都市部の空では蝙蝠が飛んでいるのをよく見かけます。都市部に生息する蝙蝠はアブラコウモリと呼ばれる種類で、主に住宅の屋根裏や建造物の隙間などに生息しています。...

subpage

これからの生活

category03

日本には約33種のコウモリが生息していますが私たちが普段目にする蝙蝠は「アブラコウモリ」と呼ばれる小型のコウモリがほとんどです。大きさは5センチほど、体重は10グラム程度とそこまで体の大きな動物ではないため人間が住んでいる家屋の隙間から侵入して住処とするケースが多く見られます。...

subpage

生活関係の情報

category04

蝙蝠は日本全域に生息していますが、特にすき間の多い日本家屋は侵入経路が多くあるので蝙蝠が侵入してきやすく、住み着いてしまうケースも多くあります。蝙蝠に住み着かれると糞尿や雑菌による被害が出てきます。...

subpage